月別アーカイブ: 2009年5月

力をもらう

これは当たり前のことなのですが、人間は、生まれたらいつかは死ぬことになっております。

しかし人は人生の中で病気になったり、怪我をしたりすると、なんで自分だけがこんな目に遭わなくてはならないのか、と思ってしまう。これも当たり前です。

しかしここで不平不満をとやかくぶつぶつ言っていると、逆にこれが災いとなって、そこに足踏みをしてしまう。

続きを読む

鹿児島ラーメン「風」

鹿児島に入ると決まって、南州館に泊めていただく楽しみは、朝の飛び切り美味い朝食だ。(いつか書いた黒熊鍋もだが)
しかしこれは天文館あたりでの夜が早かった場合であって、10時を過ぎてしまうとこれにありつけない事もある。

続きを読む

市比野の「遊」で焼き肉を食べた

樋脇は、母親方の父の墓があるから我が第二の故郷。

鹿児島市内から車で30分で到着する温泉町だ。

泉質は弱アルカリで湯量が豊富、市比野温泉のすべてがいわゆる源泉かけ流しだ。

墓所にお参りをしてから入るこのフロも楽しみだが、食の楽しみもある。

続きを読む

離婚に足りないもの

小生は今年で48歳になります。ハタチの時に結婚しましたから、あと2年で30年です。

この時期に、また、この探偵業に携わっているボクが自分の離婚について考えるというのは、如何なものだろうか、とか思いつつ、まぁあくまでも仮の話として記してみようと思うのです。

続きを読む