月別アーカイブ: 2006年9月

そば処 柴崎

八という数字は限定しておらずむしろ末広がりといった意味合いの方が強い。ゆえにこのカテゴリを蕎麦八としているが、これも限定という意味ではなく、またベストといった意味でもない。京都の蕎麦が末広がりに美味くなればいいと言う思いから、一応八軒に限定したカテゴリをつくっておるのです。

ところが巷にはこのベストがあふれていて、面白いのがその基準。
蕎麦の産地比較にはお目にかからないが、汁が甘いとか辛いとか薄いとか濃い、この様な比較を初めとして店の雰囲気。つまり内装や応対、店の愛想まで基準に含めているところが何とも面白いのだ。

続きを読む

せんぼんぐらばー館

ここ「せんぼんぐらばー館」は、小生の高校生時代にはもう存在していて、近所に住んでいたご友達と共に入ったのがはじめて。
その頃からそのメニューの多さには随分驚いたのを覚えています。

定番だけでもずらりと揃ってる。
たとえば酢豚にチャーハン、八宝菜焼きめしなどは当たり前、他にも定食を初め満腹メニューがずらりといった具合です。

だから当時、食欲旺盛な時期には量を少し多めにしていただいていた記憶もあるのだけど、喉元過ぎれば熱さを忘れる、お世話になっていたのに長い間行かなかったのですね。

ところが、この仕事の関係で九州、それも本場の長崎でチャンポンを食べると目覚めた。
そう言えば千本のあの店にもあったなあと、今度食べてみよう。そして、京都で再度入ってみた。

続きを読む

2年間連続して減少している離婚数

未来の予測なんて出来ないのが常だけど、愛情の無い、もしくは愛情の薄い夫婦間に、いつ起こってもおかしくないのが離婚の問題。その離婚について特に旦那様にとって随分不利になるだろう「法律」が来月から施行されるから今日はこの辺りについて記したい。

まず、この法律とタイトルに記した「離婚数」というのが関係あるかどうか、これは定かではないが、まず厚生労働省で発表している平成16年「人口動態統計の年間推移」をみても2年連続の減少している点、また、結婚してからの期間別にした統計をみても、25年〜30年の夫婦の場合11%の減少傾向にもなっている点を知って欲しい。

続きを読む

離婚しかないのか-その1)妊娠中の夫の浮気6

前回の続きです

協議離婚ほど簡単なものはないのです。

近くの役場に行き。たいてい市民課の窓口あたりに備えつけてある「離婚届用紙」に必要事項を記入
して戸籍係に提出すればおしまい。少し迷うことと言えば記入欄でしょうが、順に夫婦の署名と捺印、証人2名の署名と捺印、子ども未成年なら親権者を記すだけです。だから、調査など行わずにさえいれば、知らなければ協議離婚で夫婦関係の解消が出来たのです。

まあ何にしろ奥様は私たちに依頼をされて、相手との関係など全てを理解された、しかし子どものことを考えて色々と気を回されいるのでした。
それでは更に、今回も依頼者R子さんの例を喩えに記して行きます。

続きを読む

離婚しかないのか-その1)妊娠中の夫の浮気5

前回の続きです

「R子と戻るつもりはない。」
事務所に戻って、録音していたテープを聴き直しても、やはりそう言っていた。
淡々と聞いたつもりだったのだけど、それに続いて録音されていた「それじゃ又連絡する」とかいうのは何となく捨て台詞のようで少し情けなかったのを覚えている。

まあ、そんな調子でも如何に無償でやっているとしても、どう伝えるかなど事務所でも相談しながら、また弁護士とも相談して追々伝えて行くことにした。

夫から、R子とはという下りを聞いてから、そのR子さんのところに行ったのは、それから4日目のことでした。

続きを読む

離婚しかないのか-その1)妊娠中の夫の浮気4

前回の続きです。
さて、今回の場合は奥さん、つまり依頼者であるR子さんは、その五ヶ月くらいになる頃でもやはり復縁を願っておられたのです。小生自身も個人的に赤ちゃんの顔を見れば何とかなる、それまでは判りませんよと、奥さんを励ましてきたのです。

ところが、結果としてそれは変わらなかったわけです。

赤ちゃんとあう回数を重ねても、夫の態度などに変わった点はみられず、むしろその表情からは無関心さだけが増していった。
それも相手女性と二人で出かける際に見られる「普段の毎日」では、夫の開放感で楽しそうな顔すらも見られるのであったが、奥さんの気持ちも変わることはなく、またその奥さんを勇気づけていた。

続きを読む

離婚しかないのか-その1)妊娠中の夫の浮気3

さて前回までの「妊娠中の夫の浮気」の結末というか流れを続けて記しますが、そもそも今回番狂わせとなった原因は妊娠中の夫の態度によるものである。通常、離婚をするような事態が起こった場合、まず互いの問題として生じるのが「お金」、そして「子ども」の事を真っ先に考えるものだからだ。

住むところや食べるもの着るものというのは「お金」であって、これがなければ生活が出来ない、また夫婦間にはまったく愛情が無くなったとしても、子どもへの愛情が無くなるようなことはあり得ないのです。

だから、大げんかをした夫婦であっても、浮気をして夫婦間の愛情が無くなったとしても、可愛い子どもを育てたいのは夫も妻も同じなのですから特に互いの気持ちが主張され合って当然なのです。

続きを読む

此の岸の夫婦

長かった酷暑も、昼の間であるのに何だか急に爽快な風を感じるようになり、今夜など寒いくらいです。暑さ寒さも彼岸までの喩えのように、暑さも和らいで涼しくなってきました。
春の春分や、秋の秋分の日。これは昼夜の長さが均等であるところから、昼夜のバランスも一番とれた一日と言え、特にこの月というのは皆様の調子もよろしいものです。

ですから春の春分の月も、秋の秋分の月、つまり9月なんてのはとっても調子が良くて兎にも角にも何をするにも考えるにも、そして何を食べるのも美味しくて大好きな季節と言えます。
だからなのかこの時期。皆さんも気持ちがよかったりしているのでしょう、ゆえに新規の夫婦カウンセリング件数も激減するのです。
なのでカウンセリングに限っては多少ゆっくりとさせて頂く事が出来る時期と言えます。

続きを読む

興信所と探偵の違い

先日商標の件で馴染みの特許事務所に伺いましたが、その雑談の際に「探偵社と興信所の違い」についての話が出て説明を求められ、どうお答えしようかと考えたのですよ。
その時にお答えしたのは、「個人が個人を調べるものが探偵で、会社が会社を調べるものが興信所です」という内容。この様にお答えしたところご理解いただけましたのすが、折角ブログを書いてるので改めてそちらに記しますとその時はその程度にしたのです。実は探偵社と興信所というのは同じものであるためです。
特許事務所では違うようにお答えし、今ここでは同じだと記しました。
これがどうしてなのか、この点についてもここで記してみたいと思うのです。

それではまず、興信所と探偵社は同じなのか違うのかを考えます前に、小生がこの仕事をやりはじめた頃はどうだったのか、この点を少し振り返ってみます。

続きを読む

離婚しかないのか-その1)妊娠中の夫の浮気2

今回は前回の続き、なので途中からとなります。

そこで今回分をお読みいただく前に、前回の分、またこのカテゴリについての説明からお読みいただいたら助かります。元からの乱文、ますます話しがこんがらがって判らなくなります。

続きを読む