月別アーカイブ: 2006年8月

夫婦の嘘

8月も最終日。写真は滋賀県の北部あたりの茶店でお出し頂いたのでございまして、中にはよく冷えた番茶がたっぷり。この夏も様々な方とお出会いをさせて頂いたなあと感謝しつつ黄昏れた時間を過ごしておりました。


机の上に置かれたこれら風景というのは、少し前なら日常的な日本の風景であったはずなのに今ではこの様なところでないと日常がない。そう言った日常・非日常という意味では、特に今多くの家庭の中では見られない非日常の家庭風景なのではないか。もしも日常の中の一息、嘘でも良いから自分の家庭にこの様な風景が現れたなら、難しい問題などやり過ごせる日々がくるのかもしれない。当たり前の日常として。

続きを読む

手打ち蕎麦 遠来

1970年代関西フォーク界として有名だったミュージシャン友部正人さんの曲、『遠来』。この方の曲名をそのまま店名にしているお気に入りの手打ち蕎麦屋さんが京都にある。

遠くから来ると書く遠来は、何となく哀愁を感じる言葉であるが、遠くから来ると書く。来る、ならぬ出張族の小生の場合は遠くに行く事が多い。遠くに行けば遠くのことを様々と感じるのだけど、実は自分がいつもいる土地について、その遠くの土地を通して感じたりしていることも多い。これは比較なんて事ではなくって、むしろその場所が礎になっているといった事であり、また、自分の土地が礎になっていたりして増幅したりする感動のようなことであり、いくら遠くでもその感動がない土地もあれば、感動ばかりの土地もある。何にしてもその土地にいる今がどう感じているのかという事こそ大切なんだろう。

この曲をはじめて聴いたときそう感じたのを覚えている。

続きを読む

博多ひょうたん寿司

天神の相談室近くで軽く食事。
それも少しだけ旨いものとリクエストを受けた場合こちらにお連れしている。お値段がとても手頃だからだ。

ただし、殆ど毎日行列が出来るから、11時15分には前には待っている必要がありますよ。
そうしないと人の行列のあとに並んで食べる事になる。
小生、並んでまでと言うのは大嫌い。なので、開店前に行って待つ。これなら、ただ開店前を待っているわけで、並んで食べるのと違う。なので我慢できるのだ。

まあ、こんな変な理屈は置いておいてもこのお店は、ネタが超新鮮です。

続きを読む

円満院の名水

門跡寺院は17ヶ寺。そのうち近畿三十六不動尊霊場会内の門跡寺院は8ヶ寺、「青蓮院」「曼珠院」「聖護院」「実相院」「仁和寺」「大覚寺」「三宝院」、そして「圓満院」です。
近畿三十六不動尊霊場を順打ちでまわれば第25番霊場、滋賀県内では最初の寺院で門跡寺院としてはこちらのみとなります。(円満院は本来のところ圓満院と記しますが、ここでは便宜上円満院と記します)

続きを読む

奥さんにモテル事こそ理想的

昨夜は土曜日。京都の繁華街とりわけ祗園に出たのですが、似合わない洋服を身にまとっている男性、それも取って付けたような装飾的時計やアクセサリーというのは何とも目に付いて嫌悪感を感じる。何に盛んなんだろう、そんな男性を見受ける度に考え込まされるのですよ。

はやりのレオンなんてのを読んで、ちょいワルおやじというのも、何だか高校生デビュー(通じないかな)みたいでしらけるのね。今さらワルもないだろう本物になるわけでもなかろうに、と。だから普通の背広で良いじゃないのかなあ、その方が似合ってるように思えます。

続きを読む

厚木のトンカツ『とん吉』さん

厚木で美味いものとなりますと本当に様々とあります。たとえば「梨」もそうなのですが、心を込めて作っておられる方とお出会いさせて頂く度そう思う。

だからこそお店側でも気合いを入れて作られるのだろうと思う。
ですから、美味しいものを提供されているお店がとっても多いのです。

それがゆえ何を扱っているお店にしようかと、朝・昼・晩とその食事の度に迷う場所なのであります。

そこで、今回どのお店からにしようかと、随分と考えたのです。

そもそも個人的に御世話になっているお店もとても多いので尚更です。しかし、まず今回は全くご縁のないところと申しますか、はじめて一人で入ったお店。そんなお店からご紹介させていただく事にいたしました。

続きを読む

神奈川県 厚木調査相談室

唐突だけど、厚木の梨は特に美味い。
友人から頂くの梨が特別だからというのもあるけれど、今まで食べた中で一番美味いのだ。
厚木の梨は日本一とその友人は言う。
こちとら、京都の八幡や、この間も現地で食べた鳥取の梨の方が美味いと言いたいところだけど、それに従うしかない。これに間違いない。よって、この梨の美味さをもって厚木の説明とする。

続きを読む

滋賀県 大津調査相談室

大津相談室が誕生したのは、京都相談室の開設から14年経った1987年、今から19年前の事でした。
開設された当時は京町にありましたが、2年前に移転してからは8坪程度で、調査員が待機したり報告書を作成するようなスペースも無く、ご相談をお受けするためのギリギリの広さの場所として使用してきたのであります。

ところがどうしても手狭になってまいりまして、現在の場所へと大津調査相談室は移転をするわけです。

これは、とあるご縁もありましたことから移転を決定したのですが、この経緯は割愛いたしまして、法務局からもよく見える様に写真のような案内を掲出したのは、2004年の8月26日だったのです。

大津の相談室は来年で20年目ですが、今の場所に変わってからは3年目。実はちょうど明後日が3年目の記念日となりますが、以前のことから比べると机の配置や相談カウンターなどもしっくりと随分落ち着いてきたように思えます。

続きを読む

京都の六地蔵巡り

京都市内を歩いていると、大小の通りが縦横に交差しております。そんな中でも車一台がようやく通れるくらいの通り道が交差する交差点。これは「辻」と呼ばれておりますけれど、この辻や路地の奥あたりに地蔵菩薩さんの祠が本当に多い。

おしょらいさんの送り火から1週間が経ったのでしょうか。昨夜はもうそのお地蔵さんの周りに大人やら、子どもがゴザを広げて地蔵盆をされておりました。

続きを読む

各地相談室について

今さらだけど、お仕事のことについてというカテゴリに、相談室について何も記されていないのに気づいた。

場所や立地を厳選して決定してきたのは小生。
それぞれにこの上ない思い入れや思い出もあるというのに、いやあこれではいけません。

そこで、早速このカテゴリ。
各地相談室付近の、面白い場所・楽しい場所、そして、美味いお店などを記して行こうかと、その様に思うわけです。

続きを読む