カテゴリー別アーカイブ: 九州三十六不動霊場めぐり

大慈禅寺 (九州36不動霊場めぐり 20番札所)

九州のほぼ中央にある世界的にも有名な活火山と言えば阿蘇山だ。
最高峰の高岳のほか、中岳、烏帽子岳、杵島岳、根子岳を総称して阿蘇五岳と呼び、南北24km、周囲128kmの巨大カルデラの外輪を形成している。
火ノ国と称えられる熊本県は、この阿蘇山を東に城山など繁華街を中心に繁栄してきている。

創建は弘安元年(1278)。当時の地頭であった河尻左右衛門佐泰明が寒厳禅師に帰依して建てたとされる。
解脱門はこの寺の象徴とも言えよう、くぐると左右に六地蔵がみえる。
六道能化のこの菩薩は、儀軌において香炉、法珠、合掌、しるしばた、錫杖、数珠をもっている。
その先には、山頭火の句碑が建ち、大正五年に熊本に訪れた際の句が刻まれていた。

続きを読む

蓮華院誕生寺 (九州36不動霊場めぐり 21番札所 )

熊本市に隣接している玉名市の霊峰小岱山(しょうだいさん)に世界一の梵鐘がある蓮華院誕生寺奥之院があります。
この大梵鐘は重量が37,5トン、京都から国道を通ってきたのですが、小岱山にある奥之院への狭い山道は、本当に急な坂道で曲がりくねった道で、小生が使用する1000ccのレンタカーはローギアのままでしたから、はたしてこの梵鐘はどうやって上がったのか不思議で仕方ない。

梵音には抜苦与楽・離業得脱(苦を抜き、楽を与える・業を離れ、解脱を得せしむる)の願いが込められているというが、梵鐘の存在がそう語りかけるからしばし前にいてたたずんでいた。

すると鐘を突かせていただけるという。

続きを読む

龍照寺 (九州36不動霊場めぐり 22番札所 )

島原駅のすぐ近くに五層の天守閣を有する堂々と聳え立つ島原城。
元和二年(1616)大和から転封された松倉重政が7年の歳月をかけて築いたもので森岳城とも呼ばれている。
以前の領主有馬氏はキリシタン大名であったが、松倉氏はこれに対し他に類を見ないキリシタン弾圧と苛政、酷税を領民に課したため、この城はキリシタン弾圧のシンボルとして領民から憎まれ、遠くローマまでその名が知られたという。


松倉勝家の時、島原南端口ノ津で発生した一揆はたちまち島原全島と天草に広がり、一揆軍は盟主に天草四郎を仰ぎ原城に立て籠もった。原城は松倉氏が島原城を築いた際、廃城とした城であるが、三方を海に囲まれた要害堅固の地にあるため一揆軍3万7千はよく戦い三ヶ月にわたり籠城し糧食つきた後、寛永十五年(1638)幕府軍の総攻撃に全員が戦死したと伝えられる。石垣だけが残る城址は史跡に指定され、十字架と天草四郎像が建っていた。

その海の玄関口である島原外港から雲仙道路を登ると、龍照寺がある。
東に向けて開けた境内は陽光を浴び、大きなお不動様にお出迎えいただける。
龍照寺にお詣りして、その規模の雄大さ、整備されている環境に驚いた。

続きを読む

正覚寺 (九州36不動霊場めぐり 23番札所 )

不知足の者は富めりと雖も而も貧し、知足の人は貧しと雖も而も富めり

山門入口にある掲示板に掲示されていたから、ここが禅宗のお寺、それも曹洞宗の寺院であることを思い出した。

橘湾を臨む東長崎の発展は、矢上町を中心としていたのだろうと思う。
古くは長崎街道の宿場町として栄えたところで、路傍のたたずまいに往古を偲ぶことが出来る。
一帯は山に囲まれた市街とは異なり、平野部が諫早に向けて広がり、八郎川や現川の流れが港にそそいでいる。
寺域は東長崎支所の裏側にあってり、番所橋から旧道を入った小学校の奥にある。
創建は享保二十年(1735)、諫早藩の藩士である藤井氏の菩提寺として開基し、禅刹天祐寺の僧大亀圓晟大和尚が開山。

こうした関係から諫早藩の士が帰依し、のち壇野氏が寺領を寄進するに及んで寺門は殷盛した。

続きを読む

両子寺 (九州36不動霊場めぐり 1番札所)

大分県の北東に位置している国東半島、その中央に両子山が聳えており、この山を囲むようにして多くの山と多くの寺院が存在している。

その両子山にある、両子寺は九州三十六不動霊場めぐり一番札所である。

古くは宇佐八幡の信仰をもとに開け、仏教の渡来と共に神と仏は同体であると言う垂迹思想をとりいれ、天台宗における六郷満山が形成されていった。
今までにも何度か触れてきたが、六郷満山の開基は、仁聞菩薩に結縁していて、八幡大神の化身というのがこの辺りに伝わっている有力な説である。

続きを読む

神宮寺 大嶽不動 (九州36不動霊場めぐり 2番札所)

九州三十六不動霊場二番札所 神宮寺に向かう国道からも周防灘が美しかった。
国東半島の中にある霊場ものこり二カ寺となってきたのだが、この蒼い海がいつも煌びやかに輝いていてくれたのは幸いした。
田深の集落から両子山に入る隘路を登ってゆくと、大嶽山の麓に向けて神宮寺道がのびている。

ただこの道で良いのかと何度も確認したくなった程で、この、苔むす石段をみても如何に山奥に鎮まっているのかが理解できる。正に日と影である。

神宮寺の山号となっている大嶽の峯は標高560mで、両子山の東側にそびえていてその山ふところに抱かれています。
寺名は、いわゆる宮寺の意味で、神仏習合を最もよく表しています。
六郷満山では本山本寺八カ寺の一つに鞍懸山神宮寺がありましたが現在は廃寺、本山本寺十カ寺の大嶽山神宮寺のみが今もその名を留めているのです。

続きを読む

成仏寺 (九州36不動霊場めぐり 3番札所 )

六郷満山末山本寺十カ寺の一つである成仏寺は、短い参道階段に二対の仁王像が安置されている。
登り口に立つ仁王像は、鬼会の際に台石から倒れ、現在は膝以下を台石にコンクリートで止められている。
阿形像は、左手に持つ金剛杵を肩に構え、右手は拳にして腰に当て、吽形像は、右手を肩に当て掌を前に開き、左手は拳にして腰に当てている。いずれも額に数本のシワが表現されている天保二年(1831)の作である。

続きを読む

文殊仙寺 (九州36不動霊場めぐり 4番札所 )

周防灘に面した国東の海岸は、蒼く光っていた。
途中の富来浦から富来町を通ると、宝くじに当たる富来神社があったけど、通り過ぎて山々の峰に車を進める。
窓を開けて走っていると、野鳥の声がしきりに聴かれはじめてきた。
このころは陽の光があったのに、20分ほど走るとライトを点けようかと思うほど仄暗くなってきた。
まだ昼を過ぎたところなのにと思って上を見れば、天にも届きそうな鬱蒼とした樹林が太陽の光を妨げていた。
なるほど。そう思ってライトを点けた。

それから暫くすると、周囲が明るくなった。
門前にある駐車場は大きなスペースについたから、頭上は、鬱蒼と覆う木々ではなく太陽の光になったのだ。

続きを読む

実相院 (九州36不動霊場めぐり 5番札所 )

修験道における峰入りは欠かせない行事である。
寺を出て山野を踏破し、心身を鍛える行は、煩悩を去り、衣食住の欲を去り、清浄に仏道を修業する「頭陀の行」を実践するもので、六郷山では仁聞菩薩修業の跡を巡り、最後は熊野石仏の前で護摩を焚いて終わるものである。

国東半島の北西に位置している香々地町は、山間を流れる竹田川に沿って拓けている町で、上流にはハジカミ山、黒木山、尻付山に囲まれている山里であり、この辺り一帯は夷谷と呼ばれ、集塊岩が風蝕されて独特な奇岩が素晴らしく、夷耶馬渓は国立公園に指定されている。

続きを読む

無動寺 (九州36不動霊場めぐり 6番札所 )

山岳密教の地、国東半島。
その北の玄関口とも言える真玉町は、小さな谷に赤坂川・真玉川・臼野川が流れている。
九州三十六不動霊場めぐり第6番札所の無動寺は、主流の真玉川上流の黒土村にあって、写真のように、高さ150mの大絶壁を背にして鎮まっている。
開基は奈良時代、養老二年(718)、仁聞菩薩に起因、六郷満山の中山本寺として最盛期には末寺十二坊を構え、約百名の僧侶が修行に励んだ満山中でも屈指の道場であったと住職は言われます。

続きを読む