カテゴリー別アーカイブ: 出張先のこと – 相沢京子調査室

元祖たい焼き 浪花家総本店 -東京土産-

大阪のたこ焼きと東京のたい焼き、やはりこの二つは永遠のライバルとも言えようか。
しかし、大阪のたこ焼きは、葛飾に「道頓堀名物」として幅をきかせたり、東京たこ焼き食べ歩きのブログもあるほどで、やや形勢不利かもしれないな。

さて、今回の東京土産は、この「たい焼き」だ。
聞けば、都内には”たい焼き御三家”なるものがある。
人形町の「柳屋」、四谷の「わかば」、そして麻布十番の「浪花家総本家」がそれで、三軒ともそれぞれに強烈なファン層をたくわえるという。

その中で、選んだのは「浪花家総本家」。
あの「およげ!たいやきくん」の”おじさん”のモデルになった神戸守一さんのお店だ。
焼き方も、あんこの上に粉をまぶしているから、実に甘味が強烈に香る。

続きを読む

このカテゴリ東京土産について

昨年の後半期からだろうか、東京に来ることが多くなった。
その帰路の羽田空港。
なにか土産物をとさがせば、東京ばな奈を選ぶことも多かった。
羽田空港のお土産売り場の「東京名物、東京ばな奈はいかがですか」という口上が、耳に付くためだ。
すこし前なら、新幹線の利用が多かったから、「東京名物、草加せんべいに、雷おこしはいかがですか」という口上だったのだけど、いつ誰が勝手にこれらを東京名物にしたというのだろうか。

だいたい、東京ばな奈は、世に出てから20年もたたないし、草加せんべいだって、埼玉の名物ではないのか。
それなら、もっと良い名物があるだろうというのが、このカテゴリを作った動機だ。

それじゃいったい、なにが本当の「東京土産」なのだろうか。いや、これは難しい。

続きを読む

Q400とSAABの「タイヤ」について

日本エアコミューター(JAC)のQ400とSAABは小型機。
先日の、羽田-松山ならQ400、*伊丹-但馬ならSAABが使用機材となる。
各空港では、タラップを使用して乗り降りするのだが、間近でみると、小さく感じることが多いものだ。
その飛行機のタイヤをみれば見た感じ、とても小さい。

Q400もSAABも、タイヤのサイズはそれぞれ違う。
きけば、必要最小限のサイズで、それぞれの飛行機のサイズに合った設計がされているとか。

それでは、飛行機と自動車のタイヤの違いはあるのだろうか。

続きを読む

神田にある蕎麦屋でないそば屋

秋葉原駅でメイド喫茶のチラシをうけとる。
今も世界的に有名な電気街であるのは間違いないが、やはりこのところ注目されているのはメイド喫茶、コスプレ、フィギュア、そしてアニメといったオタク文化である。
漫画の主人公のような格好をしてあるいている主役たちに目をむくのはボクくらいなものだろう、変な街だ。

秋葉原はもともとオタクの街。
いまも秋葉原のガード下には電子部品を販売している小さな店が多い。
それに、赤色回転灯に拡声器と緊急車両にしようと思えば、ここにあるし、小型発信器に小型カメラと、盗聴、盗撮に使用できるものもある。

続きを読む

追い山の起源

明日から本番の博多山笠。
今日の博多も蒸し暑い。

博多祗園山笠には「元気に夏が越せますように」という願いが込められている。
水道も、冷蔵庫もエアコンもなかった時代、赤痢やコレラなど、その時としては恐ろしい疫病が流行したから、今以上に神仏の加護にすがったのが始まりだろう。

お祭りが、本格的な夏が訪れる前に行われるのはそのためだろう。
掉尾をかざる「追い山」は、現在7月15日早朝の神事ですが、旧暦時代は6月15日。

したがって、お祭りはほぼ梅雨の終わりごろとなります。

続きを読む

トキハラーメン

ときに、博多ラーメンと長浜ラーメンのちがいといえば、ラードだろうか。
久留米ラーメンの真似をして、ラードを入れるようになって、これが博多ラーメンということになっている。
そして、博多ラーメンの常識といえば、白濁したスープでこってり。そんな、イメージもある。

しかし、本当の博多ラーメンはちがう。
ラーメンだから飽きそうなものの、ボクにはこの店がある。
「トキハラーメン」だ。

続きを読む

歌舞伎町にある上海小吃

昨夜の現場近く。遅くなったので前から行きたかったあの店に行った。
ここは映画「不夜城」の舞台にもなった歌舞伎町の狭い路地の奧にあり、まるでそこだけが上海の街角。
歌舞伎町の裏道を抜けて、お店にたどり着くまでは容易ではないが、着いた途端、楽しく新鮮な感覚になる。

メニューはどれも上海で食べる家庭料理のような気軽さがあるが、全員上海出身という料理人たちがつくる味は本格派。
さらにそのメニュー数は、豚の脳ミソ煮や、鶏の血の煮こごりスープといったレアものから、600以上。

続きを読む

出石お城まつり

豊岡駅からバスにゆられて出石に到着。ブラリ歩くと平成19年度第37回「出石お城まつり」の会場。
ちょうど出石高校吹奏楽部の演奏がはじまった。
さながら 映画スウィングガールズのワンシーンを思い起こさせる熱気あふれる楽しい演奏は、ちょうど去年のあの頃を思い出していた。
感傷にふけっていると、演奏が終わって聴衆の大歓声と拍手。そして元気の良い司会者、堀川妙子さんの声が耳に入ってきた。

城下町仮装や棒振りの体験、子ども大名行列への案内だ。

続きを読む

僕のスカイプインの番号を公開してみる

たとえば、僕がワイキキにいる場合、日本から電話を掛けてもらっても、3分間でも8.4円。

ご存じだろうが、いわゆる国際電話の場合、3分間で2,160円だ。
KDDIの料金表
15分話したら、42円と、10,800円、大きな差になることが判るだろう。

この料金差の仕組みは少々ややこしいんだけれど、

SkypeとFUSION IP-Phoneが繋がっているから、僕が世界中のどこにいようと日本から電話をかける場合、掛ける側は、日本のフュージョン端末(FUSION IP-Phone)に電話をかけたことにしかならぬ。

続きを読む

早まわり旭山動物園、ではないかと。

旭山動物園。この日の気温は25度だったが地元の人には真夏日、地元食品卸のチョクイチさんが果物入りの氷を贈った当日だった。135キロのスイカやバナナ、林檎が氷の塊に入って600キロ。
間近な水槽のシロクマは随分嬉しそうだった。

この動物園については特筆すべき事が多いのだけど、僕が思うに最短で効率的に行けば良いんじゃないかと思える。そこでポイントを三つ。

続きを読む