カテゴリー別アーカイブ: 人生と生活の彩り

系図の効用あれこれ

耳慣れないと思うのだけど、「系図立」(けいずだて)と称する言葉がある。

この言葉の意味は、我が家の系図をりっぱだと自慢する者を指すことで、少し前まで、われわれの探偵業の仲間内でも使っていた言葉だ。

続きを読む

系図が持つ誇り

一般に系図は、系譜や家譜とよばれています。

先祖から、その家の中心に代々の系統を、家督相続者を主軸として、各代々の血縁関係を書き記したものをいうので、家系を文字図式に表したもののことです。

続きを読む

系図のもつ意義

系図は、苗字の家系を中心に、遠いご先祖の出身と、家門の血統、素性等を、一目瞭然とわかるように図式化したものです。

それは子孫にとって、家柄と血統を記録的に伝承して、他の苗字(他姓氏系)、他の家と弁別するための最も簡要な歴史的記録といえましょう。

また、従来から系図には、これら家系とは別に、武術や学問、歌道や諸芸道などの系統を記したもの、また最近では政界派閥や芸能界派閥を表すものもあります

1,073,741,824人。

続きを読む

iPhoneにストラップを取り付けてみた。

軽くって薄いものだけに、DoCoMoの携帯電話と二つ持ち歩く僕には、どうもコイツのことを忘れがちだったんだけど、これなら存在感があふれるw

市販のiPhone用クリアケースを取り付け、その隙間にストラップを通すだけの話。

まあ、これだけ大きいと、忘れ物防止にはなるのかな、と。

まねてもいいけど、ストラップを持って振り回せば、まちがいなく吹っ飛んでいくので、ご注意を。

生粉打 作美

大津市内から、信楽方向へ。山道を入って20分は走る。
すると、「手打ちそば」ののぼりが見えてくるから、すぐにお判りになるだろうと思う。

ガードレールからそれて、側道へ。
まるで、山あいの農家のような出で立ちの店が現れる。

わざわざ、ここまで来るのは、その値打ちがあるからこそ。
大津で、いや滋賀県で蕎麦なららここだろうと思っているから、ここまでくる。

続きを読む

Q400とSAABの「タイヤ」について

日本エアコミューター(JAC)のQ400とSAABは小型機。
先日の、羽田-松山ならQ400、*伊丹-但馬ならSAABが使用機材となる。
各空港では、タラップを使用して乗り降りするのだが、間近でみると、小さく感じることが多いものだ。
その飛行機のタイヤをみれば見た感じ、とても小さい。

Q400もSAABも、タイヤのサイズはそれぞれ違う。
きけば、必要最小限のサイズで、それぞれの飛行機のサイズに合った設計がされているとか。

それでは、飛行機と自動車のタイヤの違いはあるのだろうか。

続きを読む

ネット通販のトラブルは少額訴訟制度で解決できる

最近、「インターネットの売買でもめている」「返済を求めるが、返してもらえない」「品物の代金を払ってくれない」などといったご相談を多くいただく。
電話や会うなどして解決できれば良いけれど、取引相手の住所すら聞いていないケース、まして電話番号も聞いていない場合もあるから、正直ビックリすることもある。

いや、この場合でも、相手方に関しての氏名をはじめたとした情報などが少しでもあれば居所不明者・尋ね人の捜索発見・住所特定などの人探しにご相談いただければ何とかなるわけですが、

さて今回は「電話や住所など相手の情報が判明している場合」に有効な少額訴訟制度についてご紹介しておこうと思う。

続きを読む

ついに「玄蕃藏」の予約がはじまった

江戸時代の製法を現代によみがえらせた醤油。
これには惹かれてしまった。
いつかも書いたが、小生の蕎麦にとって必ず必要な「かえし」は、「ヒゲタ醤油のそば膳」であり、このメーカーが出す限定品、それも江戸づくり醤油となれば、惹かれても仕方有るまい。

続きを読む

アシある蕎麦の「永楽蕎麦」

ひさしく出石蕎麦について書いていないのは、このブログを停止していたからによる。
しかし、いまは再会したわけだから、直近に行ったお店の事も思い出して書こうと思う。

店の名は、「永楽蕎麦」。
古くから出石の街並みに存在していたのだろう築年数を感じられる。
その玄関には、藍色の暖簾がかかり。手打ちそばと染め抜かれていて、その手打ちブームのさきがけであったかと思わせる。


この店の前側には、屋根付きの喫煙コーナーのような待合所があって、休日ともなれば11時の開店を前には、お客さんの数人は必ずいる人気店だ。

続きを読む