カテゴリー別アーカイブ: これまでの事

「本物の酒」に出会うまで。番外「深く愛して、長く愛して」

こんにちは、瀬戸です。
早速ですが、タイトルに釣られてきたならすみません。
これは、ボクの「酒の話」です。
しかし、今回はボクと酒についての、重要な発表がありますので見逃せません(笑)

いやね、今のシーズンになると、よく思い出すんですよ。
大原麗子さんのセリフ「深く愛して、長く愛して」。あのCMです。(まぁ大半は判らんだろうな)

そしてね、先日の事。
とある御仁と、お話しをさせていただき、シュウイチだって仰るのです。
その方はベルギービールのお店をされているので、しっかり呑むのは週に一回なんですな。ボクの場合、34年間、毎日しっかり呑んできておりますなぁ。

あれからこの「週一」と、「深く愛して、長く愛して」が、アタマの中をクルクルとまわっておりまして、ここ数日考えてまいりました。
そして、その決意が先ほど出来ましたので、昼にも出ずにせっせと書いてます。

私、今ここに宣言をいたしますよ。
50歳と一月目のラスト、9月30日。
これを機に変革させて頂きます!!

続きを読む

「本物の酒」に出会うまで。6

こんばんは、瀬戸です。早速ですが、前回からの話の続きをば。
その昔、お買い物といえば、かっぽう着姿のお母さんが、家の近所の八百屋さんとか、魚屋さん、果物屋さん、肉屋さんへとそれぞれ行ったものですな。

この「本物の酒に出会うまで」は、これまでに「酒で出会った人」と「酒の種類」や「場所」などの概略を書いてきたんだけど、「酒を買う」という点については、まったく触れていなかった。実はこれ、ボクが本物の酒との出会う、直接的なきっかけになっているからなので、少しだけお付き合い下さい。

そもそもですな、家で飲む酒なんてのは、家の近所の酒屋さんに酒持ってきてぇ〜醤油と味醂もねぇ〜、なんて事でほぼ電話で済ませたもんですな。
それも、当時なんざ、一切、客と酒店の両者に「こだわり」なんてありません。
酒は酒。醤油は醤油。味醂は味醂。何県の、なんて言うものなのかなんぞ、御用聞きの酒屋にはなく、なかった。

そこに、すこし影響を与えたのが、スーパーマーケットですな。
いろいろな産地から、よい品物を引っ張ってきて、店頭に並べる。
ボクも最初はおっかなびっくりで、手にも取らなかったけど、徐々にね、欲しい品物が目について買うようになってきましたな。

続きを読む

「本物の酒」に出会うまで。5

昨日の続きなんですが、これ結論から記します。これは「蕎麦」を知ってからなのです。本当に美味しいお蕎麦に出会ったのが、イコール、この「まことに温和で、かつまた どこか重厚で知的な語り口であると人に言われるようになった酒」なんですよ。

続きを読む

「本物の酒」に出会うまで。4

おもえば、去年の10月に書いてから、本当にしばらくぶり!昨日電話を頂くまで、続きを書くことすら忘れていた。

前回、小生はこのように、したためております。(笑)「まことに温和で、かつまたどこか重厚で知的な語り口であると人に言われるようになってきたわけです。」と酒の呑み方の変化について書いている。ですから、今回はこれの続きですな。

続きを読む

十四の心で聴く

そういえば日本創造教育研究所について書いたことがなかった。あんなに学ばせて頂いた場所なのに。御世話になったのに。この恩知らずがと言われる前にいま何も出来ていないことを実感、噛みしめながらタイトルの十四の心について書き留めておこう。

あれは、34歳の時だ。いろいろな経緯があってセミナーを受講したわけだ。
(本来ならご紹介者への感謝とか書くべきなんだろうが割愛、だって先日もあって感謝してたところw)その後、SA・SC・LTコース・TTコースを受講してゆくのですね。それまでの小生ったら、まぁ仕事がらでしょうか、何時でも何処でも誰にでも否定的でしたが、随分と肯定的な考え方をするようになりました。

いわゆるのところ、学び続けていませんから、今じゃ随分と目減りしていますけれど、その時ばかりは他の探偵さんとも共に成長しよう!幸福を目指す為に共に学ぼうと決めていて自分でも輝いていたように思う。もう少し振り返れば、行くまでは人の意見を聞くことや、取り入れる様な事もなかったけれど変わって行ったのです。
あまりこの仕事を否定的に記すのは嫌だけど、昔の自分を知る人のすべてが表情も明るくなって、とても良い感じがすると(気持ちが悪いといいつつも)言われ照れくさかった。しかし、日創研と出会ってからは、人の意見を聞きことや、人を受け入れることが出来る様になった。

その間、特にインタビューと言う実習があって、ほぼ千人の方のお話しを1時間づつ聞かせて頂いたことがあった。共に学び、共に栄えると思えるようになったのもこの頃で、「聴く」と言う事については澤田さんからお教え頂いた。今も大切にしている言葉だ。

澤田さんが、ホワイトボードに「聴」と1分くらいかけて丁寧に板書されたのを今でもハッキリ覚えている。つづいて「耳」「十」「四」「一」「心」という字にかけて記されて、「十四の心を一つにして耳で聴く」と言われた。(「聴」の字は、「十」「四」「心」だが、この時に書いたのは「四」と「心」の間に「一」が挿入)
その時以来も、武田信孝先生にお教え頂いたり、相沢の傾聴訓練で使うようになっり変更して今の形になっております。内容は相沢的な理解の範囲なのでダメって事なので各項目のタイトルのみ記します。

  1. 感謝する美しい心で受容する
  2. 暖かい共感する心で共感する
  3. 好意を持って聴く
  4. 興味を示して聴く
  5. 楽しい思いで聴く
  6. 深心の意味を聴く
  7. 拈華微笑阿吽の息で聴く
  8. 感応道交安息の心で聴く
  9. 解衣推食ので心で聴く
  10. 塗炭之苦を聴く
  11. 侮辱や苦しみを広く深く明るい心で受け止めよう。
  12. 毎日毎日の事を真心で労って受け止めよう。
  13. 最善の禅譲放伐を聴こう
  14. 不立 文字

聴くことの原点は、相手を愛する事に徹する。これ以外で良いかではなくて徹底して全身全霊で聞くと言うことが大切なのです。調査方法にも謙虚に全身を垂れて

「調査を実施して結果を出す」事に日々向かって様々な機材や手法を開発することは必用です。しかし、どんなに知恵をしぼってみても、どうにもならない琴田tってある。そんな事態にぶつかった時に役に立つ方法なのです。澤田さんお元気かなぁ。

「本物の酒」に出会うまで。3

人が一生のうちで呑めるお酒の量ってどのくらいなんだろうか。

出張先でのいろんな酒場や、もちろん自宅から半径20キロの範囲に入る酒場まで、いろんな酒の向こう側の物語を見つけて、いちいち感動させていただけた。

現実に何升の酒を呑んだろうか、すごくアバウトな試算だけど1日に2合は呑んできたのだから、(2合×365日=730合)×35年。はて何リッターになろうか。いや計算まではやめておこう。

続きを読む

「本物の酒」に出会うまで。2

そのむかし、どこかの国じゃ、「塩」「酒」「鉄」は専売制で税金を取っていた。

この専売実施のため、「酒は百薬の長」と、唱えることになっている。

百薬の長とは、多くの薬のなかで、もっともすぐれた薬という意味だ。

この酒を好都合に、つまり日本酒をガチで呑むようになったのは、16かな。

千本竹屋町の千楽ってお好み焼き屋で、学校帰り。もしくはその途中に焼きそばやお好み焼き、これにプラスして黒剣菱。

学校の登校前や授業中、帰り道には百薬の長にぴったりだ。

ここの店は思い出深い。ソースの味わい、これは小生の舌にはぴったりだったな。

この時に呑んでいたのは、「黒剣菱」。だからこれはあれば呑む。

続きを読む

「本物の酒」に出会うまで。

日本酒は小生の舌には一番旨い。
したがって今までの人生を変化させてきたのは、間違いなくこの日本酒である。
1年ほど前にこの日本酒が人生を変化させた。
良い変化なら良いが、悪い変化、つまり大いなる反省があった。
そして次の日これに警戒しようと思うのだが、この反省も実に何度も繰り返してきていて、もうなんともならん。
だから人は面白い。

よって今回は人生を振り返ってみる。
小生がはじめて日本酒を口にしたのは、小学校五年。
PTAだかの大人の集まりが家であって、その時のメニューが「すき焼き」だった。
それを、もの凄く食べたそうにしていたのを、梅村のオヤジさんがこっちで一緒にと同席させて頂いた。
その際、そのオヤジさんがすき焼き鍋に一升瓶の半分は入れたんだな。
旨味が増す、たしかそう言ったろう、その日本酒で満ちた「すき焼き」を頂いたのが初の日本酒というわけだ。

美味かった。
だが酒を飲んだら翌日にどうなるのかなんてのは、その時は知らね。
コップに満ちあふれる、この日本酒を何度かいただいたのは覚えているが、そのまま記憶がふっとんで起きたら布団の上。

続きを読む

力をもらう

これは当たり前のことなのですが、人間は、生まれたらいつかは死ぬことになっております。

しかし人は人生の中で病気になったり、怪我をしたりすると、なんで自分だけがこんな目に遭わなくてはならないのか、と思ってしまう。これも当たり前です。

しかしここで不平不満をとやかくぶつぶつ言っていると、逆にこれが災いとなって、そこに足踏みをしてしまう。

続きを読む

完璧な根性など存在しない

今日の朝相談が終わってから、その相手になにか書きたくなって、手紙にしてこう書いた。

その中に、『人が一所懸命に生きている中でですね、まぁいかなる世界にも勝と負があって、勝つ者は強く。負けたらそこから去れば良い。負ければ、そこから去れば良いのに、そこに居つづけると、そこに根が張り、性まで生じる。いやこれを根性という。』と書きまして。今回はこの件です。

ご相談はもちろん「根性」について説明を求められて答えたのではありません。そこに居るべきかを迷っておられる様な、そんなご相談。これが終わった後で、こう思いついて書いたのです。

続きを読む