家庭外での男と女1

先月の9月17日に大阪の「さんゆクラブ」さんで講演させていただいきました。

せっかく筆耕していただいたので、今日から数回に分けここに内容を抜粋して記させていただきます。


探偵社に相談される案件は、浮気調査・結婚調査・盗聴器発見調査・転居先調査など様々です。

その中で最も多いのが、浮気調査です。

未婚同士の男女が交際し、付き合っている相手以外に彼氏や彼女のような存在がある…
この場合も「浮気」と言えますが、社会的な観点からは、なんら問題のある行為ではありません。

問題となるのは、夫婦間以外での男女関係。

つまり「家庭外での男と女」の関係が、不貞関係にあたるかどうか?

この点にあります。

私たちは、仕事を通じて様々な不貞関係の成り立ち・行く末を目の当たりにしてきました。

今回は、探偵業者から見た家庭外男女関係から、浮気調査の手法、探偵業界の現状など、記してみたいと思います。

さて、端的に「浮気」という言葉から、どのようなイメージを持たれますか?

昔の言葉に「浮気は男の甲斐性」と言われるものがあります。

浮気くらいできなければ家族を守る度胸など持てない…といった意味の言葉です。

このような言葉の存在からわかるように、一般的には「浮気=男」というイメージが強いと思われます。

私たちの取り扱う浮気調査の案件でも、妻の依頼により夫の行動を調べて欲しい、というものが大半です。

しかし近年、夫からの依頼で妻を調べて欲しい、というケースが大幅に増えています。

その理由として、以下の3点が考えられます。

  1. コミュニケーション手段の多様化
  2. 専業主婦数の低下
  3. 女性の男性化・男性の軟弱化

項目のはじめは、具体的に携帯電話とインターネットの普及を指します。

昨今ではインターネットの普及により、在宅しながら様々な人と接点を持つ事ができるようになりました。

一昔前、女性は結婚して家庭に入ると、外で仕事をする夫に比べて、格段に異性と接点を持つ機会は少なかったものです。

ところが、現代においては女性の側から希望すれば、いとも簡単に見知らぬ男性と仲良くなれる状況が整っています。

「出会い系サイト」などは、その最たるものです。

家庭外での浮気に発展するハードルが、昔に比べて低くなっているようです。

次の項は、少子化や景気の悪化により、女性が結婚・出産後も、専業主婦とはならず職務復帰するケースが増えている事を指します。

[家庭外での男と女2へ]–[家庭外での男と女3へ]-[家庭外での男と女4へ]


2008年9月17日 大阪さんゆクラブ 講演「家庭外での男と女」抜粋(相沢京子調査室 探偵部長 瀬戸啓一朗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。