このイモ焼酎早わかりについて

今夜のダイヤメは何にしようか!
いつからか鹿児島の探偵さんとの会話で自然に使えるようになった。

本当はダレヤメらしく、疲れ(ダレ)を、止め(ヤメ)る、の意味。
一日、お疲れさまってお酒。そしてダイヤメの量は二合までと決まっている。

そして、これ以上、焼酎の量が増えると「宴会」と言う。
よってダイヤメは一度も経験したことがない。w

いずれにしても主役は焼酎。「かごま」と呑む焼酎は厳選されていて、どの一杯にも鹿児島の文化とか歴史が凝縮されているようで脱帽。どの一杯にも磨き上げられた奥深さがあります。
それに以前も書いたけど鹿児島は母親の出身地。鹿児島の大地の恵みを感じずに居られないのです。

そんな鹿児島県内には焼酎の蔵元だけでも百はあると思います。
これら全ては、飲んだことは勿論のこと、目にしたこともない焼酎もたくさんあります。
造り酒屋さんの原料や麹、もちろん水へのこだわり、仕込みや蒸留・貯蔵に重ねられてきた工夫など、まだ、数軒の造り酒屋さんでしか目にしていませんが、その知恵とワザのには本当に頭が下がる思いです。

今回の「鹿児島焼酎早わかり」は、そんなカゴマ探偵とつくったものでした。
また、この様に地域の特産を記してみたいと思います。
それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。